まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

空気を読んでいる子供に気が付かない親

先ほどWhooping Caugh Vaccineを受けてきました。百日咳?

注射ですよ。予防接種ですよ。ワクチンですよ。何年ぶりだ?笑

子供の時に受けた以来の予防接種でございます。

基本、医療費無料のカナダではメディカルカードさえあればワクチンは無料です。

ファミリードクターという面倒な制度がありますが、今回は不要でした。

場所によっては「ファミリードクターからの紹介状が無いとできません」とか

言うところもあるので、一概に手軽にどこでも出来るとは言えません。

 

さて、最近のご近所さん事情です。

最近、真下の階にある家族が引っ越してきました。子供は少なくとも二人です。

母親がいることは確定しているのですが、父親もいるはず。

ご近所さん付き合いなんて無いカナダ。誰が下の階に住んでいるのか知りません。

しかし、子供の騒ぐ声、駆け回る音、そして大声で話している母親の声…

全て上の階に住んでいる私たちにまで届いています。

 

これが最近の私のストレスで、コイツ等をどうにか追い出してやりたいです。笑

子供が騒ぐのは仕方ありませんが、親がそれを放置しているのはダメです。

二階に住んでいるし、床も薄いし、一階の人のことをもっと考えてほしい…。

 

子供は夜になれば寝ます。少なくとも寝かしつけられている様子なのですが、

ここからが母親のクレイジータイムの始まりです。

子供の父親であろう人に対して、女性の怒鳴る声が上の階に住む私たちにまで

筒抜けになるのが夜中の12時頃です。お前はシンデレラか?

 

夜中は静かにするべきというのは常識なはずですし、この家族は引っ越してきてから

まだ一週間も経っていないのに、もう口論になるってどういうことですか…

子供を寝かしつけてからの口論だと思うのですが、本当に親は愚かだと思います。

子供は親が喧嘩していること、姿、声、感情、全て理解した上で黙っているのです。

私自身がそうでしたから、子供たちの気持ちが手に取るように分かります。

 

親は「子供には関係ない。分からない。」っと浅はかな発想をしますが、大間違い。

子供のころ、親の喧嘩や口論は子供には迷惑でしかなかったのです。

過去に知り合いだった人にも子供がいて、日々奥さんと口論していたという話を

聞いたことを思い出しました。すぐに「子供はどうしているの?」っと疑問になり、

子供について尋ねると、口論が始まるのは「寝かしてから」とか「部屋に入れてから」

になるから、子供は知らないっと愚かなことを言っていました。

子供は言わないだけです。親のストレスを子供はもっと深く感じているのですよ…

 

子供が親に願うことは、仲良く連れ添い、末永く健康で生きてほしいということだけ。

片親であろうが、彼氏だろうが、彼女だろうが、仲良く笑顔でいてほしいのです。

 

今日たまたまバスに乗って、ワクチン接種をされに行ってきたのですが、

バス停でバスを待っていた親子、恐らくあの親子が下の住人だったのだと思います。

 

水たばこのようなものを吸いながら、落ち着きなく大声で叫んでいる子供と

バスを待ちながら会話をしている女性。眉毛無し、超肥満…そしてまだ学生なん...?

学生定期を持っていたので気が付きました。学生で手ぶらなん…?

 

事情は分かりませんが、勉強をしに学校に行っているのでしょうね。

学歴をとるためか、学校を卒業するためだけに行っているのか…

なんだか、このブログを書いてて複雑な気持ちになりました。

夜になると近所迷惑を考えられない程に叫ぶって、余程ストレス溜ってんだろうなぁ。

人の人生は予想するしか出来ませんが、パートナーであろう人に大声を出さなくて

良いような、ゆとりのある心が持てるようになって欲しいです。

 

お腹空いた

Bean

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村