読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

義理の妹について②

あれから気になったので義理の妹にメールをしてみました。

すると、preeclampsiaと言われる妊娠高血圧症候群になっているとの報告が。

大事をとって病院に滞在しているそうですが、深刻な状況ではなく安心しました。

それ程珍しいケースではないそうですが、容体が変わることもあるそうです。

 

いまいち原因は定かではないのですが、初めの妊娠、家系、食生活、運動不足、

また肥満…っといった様々な理由で妊娠中に高血圧になるそうです。

妊娠中は体の血液が異常に増えるために、酷いむくみを患うこともあるらしく、

まさに義理の妹はこの症状の典型例と言える状態でした。

 

日本ではあまり知られていないことかもしれません、もしくは私が単純に無知なだけ

かもしれませんが、北米では妊娠と肥満についてはリアリティショーにもなるほど

静かな社会問題になっています。体の大きい人が多い国ならではです。

妊娠中、また妊娠を希望するにあたり、肥満である女性には大きなリスクが伴う

場合があったり、また単純に妊娠しずらいということもあるそうです。

 

ちなみにここで言う「肥満」とは、皆さんの想像を超えていると思います。

妊娠以前に、心臓病や糖尿病、高血圧などを患っている可能性があるほどの

肥満の女性の方を指しています。ちょっと太った?レベルじゃありません。

義理の妹は肥満気味ですが、リアリティショーに出るほどではありません。

 

妊娠、出産については、割とデリケートな話題で、悩んでいる人でさえも

話したがらない傾向にあるものです。私も他人事ではありません。

単純に妊娠することが容易ではないと理解したのも、ここ最近のことです。

 

子供について夢見ることもありますが、時々「本当に私に育てられるだろうか?」など

存在もしてない子供についてどうしようもなく不安になったりします。笑

将来子供を授かりたいと願っているのですが、100%の保証はありません。

また子供を授かっても、五体満足で出てきてくれる保証もありません。

 

子供がいることが幸せとは限らないし、世の中には子供を願いつつも、

恵まれなかった方々はたくさんいるだろうし、また子供が嫌いでたまらない夫婦には

望まれてもいなかった子供が生まれてきてしまった…といった

世の中は上手くできいないっと感じさせられることもしょっちゅうです…

 

何が正しくて、何が私の幸せとなるのか、まだ分かりません。

でも、こんな私にも子供を授かるチャンスがあるのであれば、有難いことです。

いつか、このブログで自分の親バカっぷりを書ければいいなぁっと思います。

今は義理の妹と赤ちゃんが健康でいられることだけを願っています。

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

Bean

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村