読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

シュガーハイは気のせい?

砂糖の過剰摂取でテンションハイ神話!?

こっちに来てから聞いた表現、Sugar Highの話です。

親が子供にお菓子を与えたりすることで、子供たちのエネルギーが爆発し、

テンションMAXになってしまう原因は砂糖のせいだと考えられがちです。

本当のところはどうなんだろうと思って、少し調べてみました。

 

※これからの内容は下の記事をもとにしています。


砂糖をたくさん含む朝食を食べた生徒と、朝食抜き&シリアルの食事のみの生徒

の集中力低下について調べた結果によると、砂糖を多く摂取した生徒に、いちじるしい

集中力の低下がみられたそうです。

また砂糖を多く摂取させられた生徒に高アドレナリン数値が確認されたことも

分かったそうです。

砂糖は血液に素早く吸収されることから、高アドレナリン数値につながり、

多動性へと繋がりやすいことも確認されています。

ADHDと診断される子供には、高インスリン値が確認されることも多く、多動性と

砂糖の関係性が密接であると考える人が多いようです。

 

なので、アドレナリン数値が上がって、インスリン値が上がればハイになるっしょ!

って考える人もいるようなのですが、多くの研究結果や論文によると、

砂糖を与えようが、与えまいが、結果は変わらないというものも多いらしく、

中には心理的なことと結論付けた研究結果も多いようです。

 

イースターでもらったお菓子たち…

f:id:BEANSTV:20170419002210j:plain

 

今回、かなりの量のお菓子をもらいました。

Sugar Highについて調べたけど、上の記事の最後にはこう書かれていました…

ハイになるか、ならないかは色々な意見があるけど、虫歯や糖尿病、肥満につながる

ことは紛れもない事実です…だって。笑 そりゃそうだ。

 

私は甘い物好きじゃないから、別にそこまで悩んでないんだけどね。

Bean

  

ランキングに参加しているので、バナーをクリックして頂けると幸いです。 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村