まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

セサミストリートに自閉症キャラ登場 / ラジオ

自閉症って何だろう?

自閉症は英語でAutism(オーティズム)と言います。

自閉症の人を形容詞的に説明するのであれば、Autisticですね。

美しい人をBeautifulと表現する感じです。

 

たまにBBCのニュース動画を見たりするのですが、今日気になっていた時事を、

たまたま発見したのでここでシェアします。1分程度なので、すぐに見れますよ。

セサミストリート、初の自閉症キャラ - BBC News

Sesame Street's first autistic puppet - BBC News

www.youtube.com

 

私自身、自閉症についてあまり知識がないので、ネットで調べることにしました。

自閉症は、通常生後30ヶ月までに発症する先天的な脳の機能障がいです。 視線が合わなかったり、1人遊びが多く、関わろうとするとパニックになったり、 特定の物に強いこだわりが見られたり、コミュニケーションを目的とした言葉が出ないなどといった行動特徴から明らかになります。 その障がい名から、「心の病気」という誤った印象をもたれがちですが、自閉症は心の病気ではありません。
自閉症とは、先天的な脳の中枢神経の機能障がいで、自分を取り巻く様々な物事や状況が、定型発達者と呼ばれる私たちと同じようには脳に伝わらないために、 結果として対人関係の問題やコミュニケーションの困難さ、特定の物事への執拗なこだわりを呈するという障がいです。

引用元:ADDS

 

日本で塾の講師をしている時に、自閉症の症状を持つ子がいたのを覚えています。

塾に通わせていた母親は、子供の学力を心配し、塾に通わせていたのですが、

私を含む塾講師たちは、皆口々に「プロのケア」が必要であると考えていました。

私を含む単なる大学生の講師たちは、自閉症について大した知識もなければ、

正しい授業方法も知らなかったし、何より経験もなかったので、

私たちなりに努力はしましたが、常に「これで良いのか…」っと不安でした。

親にしてみれば「成長が遅い」や「個性」、「まだ子供だから」と思うだろうし、

また「もしかして…」っと思っていても、受け入れがたい事実かもしれません。

 

このセサミストリートの新キャラ、私は非常に面白いと思います。

自閉症キャラが導入されたのも、「子供たちに理解してもらうため」ということで、

私たちセサミストリート卒業世代にも考えさせられる改革だったと思います。

実際、子供たちの方が何倍も柔軟に考えられるし、むしろ大人の方が

固執した保守的な考えに捕らわれがちでさえあるほどです。

 

中には、「じゃあ、トランスジェンダーは?」とか言っていた人もいますね。

まぁいきなり何人も新キャラ入れられても困るから、順々にね…笑

 

*********************

今週のラジオ

先週行った瞑想体験記を放送内で話しました。良かったらどうぞ~

www.youtube.com

 

名は体を表す。言葉は価値観を表す。

Bean

  

ランキングに参加しているので、バナーをクリックして頂けると幸いです。 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村