読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

グルテンミート?/ FBで誰とでも「友達」になる人

セイタンって何?へ?グルテンミート?

今日、近くのレストランに行きました。ベジタリアン系の料理が豊富なので、

ベジタリアンのパートナーと行きやすいレストランなので気に入っています。

 

パートナーがこんなサンドウィッチを頼んでいました。

Seitan Sandwich $17

f:id:BEANSTV:20170212114230j:plain

sliced seitan from Big Life Whole Foods, marinated in tamari and spices, sauteed mushrooms & onions, melted cheddar, org. greens, tomato & cashew mayo (vegan without cheese)

 メニュー:Wooden Monkey Halifax | The Wooden Monkey

 

Seitanとはグルテンで出来たお肉の代わりらしく、食感は100%肉でした。

正直、「鶏肉です」って言われても分からないくらいのクオリティでした。

同じような食材として日本で広く知られているのは焼き麩だそうです。

焼き麩は小麦のグルテンを使って作られているのですね。知らなかった。

グルテンアレルギーの人には食べてもらえないけど、これはかなり美味しかったです。

 

Seafood Chowder $22

f:id:BEANSTV:20170212114138j:plain

Traditional NS chowder with cream, haddock, scallops, lobster & mussels 

 

私はシーフードチャウダーが大好きなので、チャウダーを注文しました。

最初の10クチくらいは旨かったけど、最後の10クチは吐きそうになった...笑

あまりのもリッチなお味だったので、この量は胃もたれがしたわ。笑

 

*********************

 

どうしてそんなに「友達」がいるの?

なるべくポジティブに、誤解の無いように、丁寧に書きます。批判じゃありません。

最近ある人からfacebookで友達申請がありました。そして気が付いたことがあります。

この人は、出会った人全てに友達申請している(と言っても過言ではないくらい)

ようなのです。もうすぐ「友達」が500人以上になりそうです。

最近、頻繁に私のニュースフィードに彼の友達歴が表示されるので気が付きました。

 

これを機に調べたのですが、私の友達の数は38人でした。結構多いじゃん。笑

昔は数字が気になって仕方なかったけど、今は全く気になりません。

今回の件を機に数を知ったくらいですからね…笑

FBはなるべくプライベートにしたいし、友達申請は基本しません

調べてみたら、この人以外にも500人越え、1000人近くいる「友達」もいました。

知り合いが多いって素敵だと思います。FBの使用目的も人それぞれ違うようですし。

それに、「友達」が異様に多い人は大抵ビジネス目的でやっている印象です。

ただここで質問です。「友達」がたくさんいる人におしえてもらいたいのです。

 

なぜそんなに「友達」を作るのでしょうか?

これは本当に素朴な疑問なんです。批判じゃありません。

私のFBの概念とは180度違う人の考え方、価値観を知りたいのです。

どうして「久しぶり」や「元気?」の一言もない人とつながっていたいのでしょうか。

そもそも私の考え方が間違っているのでしょうか?

 

私はFBをできる限りプライベートにしたいのですが、そうじゃない人もいるようです。

今回申請がきた「友達」は彼のFBアカウントを一般公開しています。珍しいですよね…

ここに少し違和感を覚えているのですが、ここは掘り下げません。

 

経験上、友達が500人以上いる人から申請が来て、会話があった人はたった一人です。

会話もない人と少しでもプライベートが繋がっていることに気持ち悪さを覚えます。

これは私だけでしょうか…?

 

「こういう人は数を増やしたいだけ!」という人もいるけど、本当にそうなのかな…?

私はもっと深い理由があるような気がしてならないのです…また考え過ぎか?笑

すごい不思議です…誰か教えてくれ!

 

...今日の話題とは関係ない今週の動画

www.youtube.com

 

ランキングに参加しているので、バナーをクリックして頂けると幸いです。 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村