読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

海外生活で孤独を感じないために

日記 動画

あなたは独りじゃない。

f:id:BEANSTV:20170127110444j:plain

 

ずっと、ネガティブな内容を綴り、自らの心を蝕み始めたのを感じました。

ストレスがついに表面張力限界を越したのか、左瞼がピクピク…悪夢までみました

もうやめます。色々と終止符を打ちます。

今朝勢いで書いた内容は一、度投稿したのですが、何度読み返しても、

何度推敲しても心が晴れなかったので、お蔵入りにしました。

 

今日はポジティブな内容を書きます。

 

海外留学、移住...孤独になりがちです。私も孤独を感じ、孤立したこともあります。

移住先の言語が上手に話せず、色々と怖くて塞ぎがちになると思います。

私は今でもそう感じる時があるけど、私一人がこう感じているわけではないはずです。

なので、悩んでいる人がいるのであれば、まずあなた一人ではないと言ってあげたい。

 

孤独は心が作り出す感情です。寂しい…世界に私だけ独りなんだと信じ込みます。

実際は違います。周りを見渡せば人だらけです。どこを見ても人がいます。

今ではインスタントメッセージで、誰にでもすぐに話しかけられて、

遠い人でもすぐそばにいるような感覚に陥るほどです。

 

不思議と都会に行けば行くほど孤独を強く感じるものです。

私は渋谷の街を訪れるたびに、この不思議な孤独を感じていました。

なぜこんなにも人がいるのに、私は独りと感じるであろうか…。

孤独は100%主観の実態のないもの。自ら作り出す誰にも見えない闇だと思いました。

 

孤独にならないために、発想の転換も必要です。

私の場合、買い出しでレジの人と少しの会話をするだけで、

同じアパートに住む人と軽い挨拶をするだけで、

通っているヨガのスタジオでインストラクターと天気の話をするだけで、

自分は独りではないと感じることができるようになりました。

 

今までは、

「週末にカフェでデートをする友達もいない」、

「頻繁に英語で会話する友達もいない」、

「FBでシェアするようなところに行ってない」、

「外人の友達と肩を組んでる写真がない」、

っと皆がしているようなことをしていない…自分はダメだ…悩んだこともありました。

しかし、そんな悩みはSNSが作り出した実態のない孤独でした。

 

どうしても一人になりたくない、感じたくないという人は

どんな些細な仕事でも、ボランティアでも、やってみると良いと思います。

英語が下手でもいいんです。相手をイライラさせるかもしれません。

失敗してしまうかもしれません。でも、それが大事なんだと思います。

 

学校に通っている人であれば、友達やクラスメイトに「週末遊ぼう」っと

声を掛けてみればいいのです。ダメなら次の人です。笑 それでいいんです。

もし、誰も答えてくれないのであれば...最悪、私が相手します。笑 特別よ♡

 

私は、ボランティアを始めてから色々と考え方が変わりました。

一緒に働いている人が、「こいつ何言ってんの?」って顔する時も何度もあります。笑

そういう時は、頑張って言い直します。なるべく理解してもらうよう努めます。

大した仕事を任されているわけではないけど、必要とされていると感じる時間が、

私を孤独から引き離してくれます。些細な努力と、会話だけでいいのです。

 

先日は「今日は初めての人がくるから研修してね~」っと頼まれました。

掃除の仕方、用具の使い方等をおしえるだけです。数学を教えるわけじゃないのです。

必要とされていると思うと、とても心が強くなります。些細なことで十分なのです。

英語がネイティブじゃないと知っていても、信頼し、頼んでくれたことに感謝です。

 

何も積極的にとか、自己主張を忘れないとか、英語をマスターするとか、

自分に大きなプレッシャーをかける必要はないと思います。

自分が自分らしく、他人にも自分にも尊厳を持っていれば、それでいいのです。

日本人なら、日本人らしく、多少変人だと思われても、それが自分らしいのであれば、

それを全うしながら、他人と関わっていけば良いと思います。

 

失敗は成功の素。味の素。

you are never alone, so be happy

Bean

 

癒されるエッセンシャルオイルについての動画も作りました。

www.youtube.com

 

ランキングに参加しているので、バナーをクリックして頂けると幸いです。 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村