まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

当たり障りのない会話?

ここ最近男友達とのメールに敏感になっていました。

ずっと連絡が来ていて、正直困っていたけど、そっけない態度をとるのにも限界が…

普通に話したいと思う反面、どうしてもトラウマが取れない…

今でも懐疑的な自分がいますが、妙な罪悪感に囚われた日々が続いていました。

 

そんな罪悪感を払拭するため、普通を取り戻すため、メールしました。

「連絡してくれてたけど、きちんと返せなくてごめん」と書きました。

別にメールの返信はなくてもいいか…と思ったけど、返信は5秒後くらいに来ました。

「話したくない気分なんだなぁ~と思ってた」と言われました。

正解は正解なんですが、それ以上に会話を委託されるのが嫌だったんです。

 

でも、友達関係を取り戻すために頑張ろうと思いました。

色々な付き合いを拒んできた私に差し込めた光です。大切にするべきなのでは…

頑張って会話をしようと試みています…試みています。

 

政治に興味のある方なので、政治の話から始めたのですが、やっぱ…ちょっと…

イライラする…トランプ支持の話をしてくるのですが、私には無理です…

ビジネスマンが政治家になっただけ…アメリカは良くなるかも…?

でも、白人である以上トランプは支持しやすいでしょう。私はアジア人。

有色人種が仕事を奪っていると考えていた人に有色人種の気持ちが分かるだろうか?

 

とは思いつつも、政治のことは何もわからないのに等しいので話を控えます。

話題は彼が苦しんだアルコール中毒へ移動しました。

AAには行かなかったとのことで、余程がんばったんだっと思います。

家でひたすら耐えて、飲まないようにするだけのことだけど、苦しかったと思います。

私の祖父がアルコール依存症でしたから、アル中については話が付きません。

もし私や家族が少しでもアルコール依存症について理解していたら…

そう思うと心が痛みます。助けられる人を助けられなかった…

無知とはここまで恐ろしいものでしょうか…本当に痛感します。

 

会話を続けていますが、やはりどこか考えさせられます。

余計なことを言わないように、無駄に人間関係を壊さないそうに努めます。

当たり障りのないという言葉は嫌いですが、必要な時もあるでしょう。

 

誰も完璧じゃない。壁が壊れたのであれば、完結するまで直すまで。

Bean

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村