読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

怪しい男

先週の話です。

多分ブログに書き忘れていたので、日記ついでに書いてみます。長いですよ。

 

f:id:BEANSTV:20161207122429j:plain

 

先週の火曜は、立ち寄りヨガ$5セールをやっていたので、生徒の数も多かったのです。

「こりゃ忙しくなるな」と思いながらヨガに行き、フロントで忙しくしていました。

初めてくる生徒さんも多々いたので、いつもよりスタジオが混雑していました。

ヨガのレッスン開始数分前に駆け込みで来る人もいました。

 

ヨガのレッスンが終わり、使用されたレンタルマットを地べたでフキフキしていると、

膝まついている私の脇に、生徒さん私物のオレンジ色のヨガマットが置かれました。

「掃除してほしいの?」と思ったけど、生徒の私物は触りません。

「いや、ここ置いておいて、あとで取りに来るのかも。」と思い、放置しました。

 

レンタルマットが綺麗になった頃、スタッフルームにある男性がやってきました。

「えっと…タオル貸してもらえる?」と聞かれたので、

「バスタオルでいいですか?シャワー浴びるんですよね?」と言い、

大きめのタオルを渡したのですが…本来はレンタルタオルで$1かかるのです。

でも、別に大したことじゃないので、いつも適当にタオルを渡しています。

 

2回目のレッスンが開始したので、担当であるロッカールームの掃除を始めました。

(自分が参加していないレッスン中に、掃除等を済ませておくことになっています。)

すると、男性のロッカールームには、貸してあげた例のタオルが放置してあり、

「なんだ、ここに放置して、返してくれなかったんだ...」と少しイラっとしましたが、

「まぁ別に仕方ないか。一見さんかもしれないし。」とタオルを手に取り、

既に回っていた洗濯機を一度止めて、使用済みタオルを放り込んだのです。

 

すると、一回目のレッスン後から地べたに置いてあったオレンジ色のマット

目に飛び込んできたので、「おや、忘れ物か?」っと手に取りました。

雑に丸めてあったので、一度広げてから丸めようとしたのですが…

マットにはオーナーの名前が…

「あれ?でも今日オーナーいなかったよ…」

オーナーもヨガ講師なのですが、講師のマットは使ってはいけない規則です。

生徒は自分のマットを持ってくるか、レンタルマットを借りる規則です。

 

実は、床に這いつくばったときに、チラっと顔が見えたのを思い出していました。

レッスン開始数分前に駆け込んできた男が、このオレンジマットの使用者です。

しかもこの男、バスタオルを借りにきた人と同一人物です。

若干の不信感と、苛立ちを感じながら掃除をしていると、二回目のレッスンが終了。

 

二回目のレッスンは21:30に終了。

早く帰りたかったので、さっさと片づけていました。

すると、背後から気配がしたので振り向くと…例の男が立っているのです…!

レッスン中はドアにカギをかけるので、生徒が自由に出入りできません。

なので、二回目のレッスンが終わるのを待って、中に入ってきたのです!

 

私「はい…ど、どうしました?」

男「財布を忘れたみたいなんだけど、見なかった?黒い財布なんだけど。」

私「財布ですか?どんな財布ですか?大きいの?小さいの?」

男「黒くて...そんなに大きくないなぁ。見つからないんだよね。」

私「…見てない…なぁ…いや、見てないと思うんですけどね~…」

男「ロッカー掃除したの、君?タオルと一緒になかった?」

 

この「タオルと一緒に」に色んな意味で緊張が走りました…

私、もしかしたら洗濯機の中に、タオルと一緒に財布を放り込んだかもしれない…

考えてみれば…変な音がしていたような気もするけど…やばい、やばい...

 

私「見ていないと思うんですけど、万が一ってことがあるので名前を…」

男「見てないなら、見てないんだよ。大丈夫、フロントに行くから」

私「あぁ、そうですかぁ…力になれなくてごめんなさい!」

 

男が去ってから、稼働中の洗濯機を止め、びちょびちょのタオルたちをかき分け、

「財布よ~どうか、見つからないでくれ~!!!( ;´Д`)」と心でシャウト

心臓をバクバクさせながら確認していたのですが、結局見つからず…

乾燥機に移動させてからも「いや、もしかしたら…からまって…見えないだけ…」っと

鬼のように確認したのですが、結局見つからず…

 

あれから一週間、スタッフ用の連絡ノートにも何も書かれていませんでした。

恐らく彼の確認ミスで、どこかに置いてあったと思うのですが、

「タオルと一緒に」の時にはあせりましたよ。笑

 

「無料で貸してやったんだから、使ったタオルは返せよ!」とイライラし、

「どうせ、勝手にヨガマット盗んで使ったんだろ!」っと更にイライラし、

「でも、財布が洗濯機の中でメチャクチャになってたらどうしよう…」と

よく分からない緊張とストレスにさらされました。

悪い人じゃなかったと思うけど、社会人としての常識や丁寧さが無かったんだね。

一言声をかけるだけで、色々と違って見えるのにね。

 

でも、思いましたよ…

「財布、最初からなかったんちゃうの?」って。

 

あぁ、怪しい。怪しい。

Bean

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村