まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

「マリファナ吸う?」と言われたら

日本人なら「Yes」でしょ!

f:id:BEANSTV:20161102032115j:plain

写真:http://www.huffingtonpost.ca/

 

はい、すいませんふざけました。

今週はこの誰もが避けて通るトピック、マリファナについて綴ります。

動画も日記も、ある程度嫌われる、軽蔑されると覚悟したうえで更新しました。

なので、この内容でドン引きする方がいても仕方ありませんね…(-_-)

きっとカナダに住んでいる人であれば、アメリカもそうだけど、

たとえそれは日本人であっても、大麻経験率は高いと考えるからです。

 

カナダは医療用大麻が合法とされているため、必要であれば大麻を摂取できます。

2001年から法律として導入され、その後数々の論議の中心となってきていますが、

娯楽用大麻も合法化されるのではないかという噂まで出てきています。

こちらのほうは現実味を帯びない一方で、趣味感覚でマリファナを吸う人も

決して少なくはないというのが北米の現状です。

 

今週の動画

www.youtube.com

 

B面

www.youtube.com

 

最近、日本人の方で大麻所持ということで逮捕された元女優の方がいましたね。

ナチュラリストらしい理由と言ったら怒られますが、私は微塵も驚きませんでした。

日本でも大麻所持は法律で禁じられていますよね。カナダでもそうですよ。

でも、時と場合と用途と…バンクーバーではOKです。笑 嘘です。

しかし、バンクーバーにはマリファナショップが普通に存在しているので、

その点、何が法律違反で、何がモラル違反で、何が罰金・逮捕なのか

日本人としては分けわからないと思うところが正直なところかと…。

 

マリファナは自然由来のお薬として、痛みを緩和させたり、食欲不振を改善させたり、

うつ状態から気分を高揚させるなど、ポジティブな面もあります。

しかし、ハイな状態では支離滅裂な言動や目の充血、また翌日の疲労感など、

副作用がゼロではないのも事実として挙げられます。

 

私はマリファナの合法化を一概に否定できません。

マリファナを合法化させれば法律で管理でき、むしろ安全なのではないかと、

考えさせられる部分もあるのです。

この点で、売春の合法化にも賛同しています。売春が合法化され、むしろ女性が

安全に、性を武器にし、文字通り裸一貫で働けるのではないかとも思うのです。

こんなことを言うと、やっぱクレイジーな奴だと思われますが、

ヨーロッパでは売春の合法化で犯罪を未然に防いでいるというケースもあります。

「売春&マリファナ万歳!」とは思わないけど、議論の余地はあると考えます。

 

一番の恐怖は、植え付けられた正義を信じ込む過信です。

「あれは良い、これは悪い。」誰が言ったのでしょうか?なぜそう思うのでしょうか?

何事も一歩引いて考えてこそ、価値のある答えに巡り合えるのではないのでしょうか。

 

あ、何度も言いますが、私はマリファナなどのドラッグを支持してませんよ。笑

あー危ない、危ない。

Bean

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村