読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

記憶のない恐怖体験

日記

今日、怖い思いをしました…いや、まだ怖いです。

 

f:id:BEANSTV:20161011122333j:plain

 

結論から先に言います。

今日、ドアのロックチェーンが勝手に掛かっていました

犯人は?私です。…もっと心を込めて言うと、私…であって欲しい

 

話は単純に終わるはずです。私が家にいて、内側からチェーンを掛けた…っと。

ただ、ここで今でも怖い思いをしているのは、掛けた記憶が一つもないからです。

掛ける理由があるとすれば、それは就寝前の習慣でやったこと。

つまり就寝前以外にはチェーンを掛けません。

ところが、天気の悪い今日、感謝祭である今日、一人で家にいる昼下がり、

そのチェーンが掛かっていることにフッと気が付いてしまいました。

 

「ただ掛けたのを忘れただけでしょ?」って思うでしょ…?

 

すっごい考えたの!どうして掛けたのか!とか、いつ掛けたのか!とか、

なんで掛けようと少しでも思ったのか!って…でも、その記憶が一切ありません。

 

記憶というのはあまりにも曖昧で、全くあてにならないということは知っています。

なので、あれは「絶対〇〇だったはず」という自分に絶対的な不信感を抱きます。

なので、同じようなことを言う人の記憶も基本的に信用はしません。

記憶は信用できないものだし、時と共に薄れ、書き換えられるからです。

ここまで考え過ぎている自分が、ここまで恐怖を抱くほど記憶にないチェーン事件…

頼む、そう、自分であってくれ。あれは自分だったんだよね…!涙

 

あまりにも怖くて、家中の電気を付けて部屋&クローゼット全て確認しました。

どう、どうかしてるでしょ?笑 でもそれくらい記憶にないんです。

はい、完全に恐怖に陥った一日でした。

 

Bean

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村