まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

心がすさんだら「ズートピア」

心が荒れてます。そんな時には「ズートピア」を観たい。

イムリーで嫌なことがあって、ストレスで凹んでます。

そんな時、心を清らかにしたいと思っていたら「ズートピア」が出てきました。

 

 

f:id:BEANSTV:20161004114634p:plain

写真:movies.disney.com

 

 

2016年に公開されたディズニーの新作です。

様々な動物たちが共存し、それぞれが持つ特徴とステレオタイプを強調した、

コメディ&ミステリーアドベンチャーのアニメーション映画です。

はい、ミステリー映画です。笑

 

主人公のウサギであるジュディはウサギというステレオタイプに葛藤しながらも、

夢見た警察官へとなります。警察官へと合格し、いざズートピアへ。

ズートピアでキツネのニックと出会い、失踪中のカワウソの捜索へと繰り出すのです。

 

話的にはあんまりキャッチーじゃないんだけど、すごく面白かった。

しかもミステリーなので、一緒に犯人探しもできます。

 

でも、この映画の肝は様々な動物たちが共存しているという、

私たちの生きる社会の擬態化なんじゃないかと思います。

面白おかしく描かれているけど、これって私たち人間となんら変わりないんだと

映画を見ながら考えていました。

 

強面、屈強などのイメージはライオン、シロクマ、サイなどで、

ずる賢い、騙すはキツネ、可愛い、無邪気、弱いはウサギなど、

動物たちにもそれぞれ「イメージ」があり、「イメージ」と共に生きるか、

「イメージ」を払拭させるにはどれほど努力が必要か、映画を見ていて、

自分と重ねて考えていました…

 

主人公のジュディは「ウサギ」だから、と何度言われても、たたかれても、

「ウサギ」だからって出来ないことは無い!っと直向きに頑張るのです。

たとえ馬鹿にされても、たとえ見下されても、卑屈にならずに努力していました。

あぁいう姿は本当に素敵だし、あぁいう人でありたいと日々思うのです。

 

心がすさんで、どうにかなりそうだったけど、ジュディに励まされました。

もし、同じようにすさんでしまいそうになったら、この映画を見てみましょう。

 

How you feel is not what it is.

You are creating goods and bads.

There's only what it is.

 

Bean

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村