まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

年相応が一番美しい? / 衝撃的すぎる「Doll Test」

野菜おじさんと久しぶりに話しました。

季節が秋めいてきたということもあり、育てている野菜が終わりを迎えています…

そんなこともあり、野菜おじさんをあまり見なくなりました。

でも久しぶりに外で野菜の手入れをしていらしたので、声をかけました。

 

おじさんと色々話したのですが、話題は自分のことへ…

仕事は?とか、何してるの?とか、他愛もなかった会話が広がって、

以前働いていた職場への思い等を話してしまいました。

 

あまり前の仕事について話してきませんでした…というのも、

職場の人間関係や、上司の対応、同僚への不信感、仕事そのものへの失望感、

色々なことがあり、心のバランスを崩しながら辞めたからです。

一緒に働いていた人の中には感謝しても、しきれないような、

素敵な人に出会うことが出来ましたが、

これからも、一生かかわりたくないような人もたくさんいました。

仕事への愚痴は自分の弱さと経験不足が原因と感じるので、

出来る限り愚痴りたくないと思っていました。今でもそう思っています。

 

仕事のレベルや質を下げるということは、そういう人と関わる確率も高くなります。

偏見だと思われると思いますが、これが私のカナダでした経験です。

なので、仕事はできる限り選んで、辛抱強く探してください。

なんて、ことを野菜おじさんに言ってしまいました…不覚です…

でも、野菜おじさんは優しく聞いてくれて「そうだね、僕もそう思うよ」っと

とても親身に、そして真剣に色々と話をしてくれました。ありがたい限りです。

 

話は戻りますが、このおじさんに「年齢は?」と聞かれたので、

なんの躊躇もなく、そして「若いね!」とか「嘘!見えないね!」などの

淡い期待をのせて実年齢を公表したところ…

「だと思った」

と言われました。なんだろう…この負けた感。笑 そして悔しい…

 

少し前までは、「年相応が一番美しい」と思っていたはずなのに、

いざ自分の立場になってみると、「嘘でもいいからお世辞を言って~!」

って叫びたくなります。笑 

※イメージはこんな感じです。

f:id:BEANSTV:20160922111442j:plain

 

若く見られたいという時点で、もう若くないんでしょう…

 

*********************

 

動画を一本ご紹介します。

YouTubeでご覧いただける「Doll Test」という動画です。

百聞は一見に如かず。観てください。人種差別って何?って考えさせられます。

 

www.youtube.com

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村