読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

「After Porn Ends (2012)」を観て

AVの話を真面目にします。

一昨日Netflixで見たドキュメンタリー映画「After Porn Ends」について。

前々から興味があったドキュメンタリー映画です。

 

f:id:BEANSTV:20160918111302p:plain

写真:documentary-movie.com

 

内容は「ポルノスターが引退したらどうなるの?」です。

ものすごく分かりやすいテーマで、ものすごい直球です。

出演している女優、男優さんは現役を引退されている方(ほぼ全員)で、

「なぜAVの世界に?」や「どういう心境で出演してたの?」や

「今は何してるの?」や「AVについてぶっちゃけどう思ってるの?」など

とても赤裸々に語られていました。

 

皆さん口をそろえて言っていた、AVの世界に入った大きな理由は「お金」でした。

「娘との時間を作るために、効率よくお金を稼ぎたかった」とか

「単純にギャラが良かったし、やってみた」とか

「露出するのが好きだったし、やってみたら得意だった」など

人それぞれ理由は様々でした。

 

「AVに出演して良かった?それとも悔やんでる?」

の質問に対しても、答えは三者三様で、後悔していると一概に言えない人もいるし、

後悔してるし、絶対に戻りたくないと涙ながらに言っている人も…

また、AVに出演していなかったら「今のこの生活はありえない」と言っている人も。

 

また引退した女優さんの中には、信心深いキリスト教信者に回心した人もいて、

とても複雑な気持ちになりました。

 

私自身、AV業界に対しとても興味があります。演者としてではありませんが。笑

最近、「セクシー女優」との呼び名や「AV女優に転身」、また

「AV出演強要」などAV業界の話が簡単に耳に入るようになったように思えます。

文字通り裸一貫でお金を稼いで、生きていくってとてもたくましいことだと思うし、

周りにどう思われようとも、信念をもって仕事をするってかっこいいと思います。

 

少しだけ心配なのは、AV業界に対する軽いイメージが蔓延っていることです。

AV女優さんが引退された後、どうなるのかあまり知られていないし、

女優さんも男優さんたちも身を削ってやっているわけですよね…

病気になって手術したとか、抗生物質をのみながら仕事しているとか、

色々と心配になるようなことが私の耳には入ってきたことがあります。

 

恐らくアメリカと日本のAV業界事情は同じではないと思うけど、

性を武器に生きていくということはとても大変なことなんだと思います。

アメリカのAV業界に興味のある人、ポルノスターの実態等に興味のある方、

是非ご覧になってください。とても興味深い一本です。

そして、映画終わりの「引退したポルノスターの今」はとても感慨深いです。

 

www.imdb.com

 

Bean

 

コメント等お気軽にお寄せ下さい。ブログ執筆者がとても喜びます。

上の「カナダ情報」ボタンを押してくれると転がって喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村