読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

非倫理的?人間の倫理観に問いかける前代未聞の実験 - Unethical? An unheard-of experiment to test your ethical value

心理学に興味の無い人も一度は聞いたことがあるかもしれない、あの実験…

Even for those of you who have no interests in phychology,

you might have heard this experiment at least once...

 

f:id:BEANSTV:20160426005412j:plain

 

ミルグラム実験(Milgram Experiment)

 

またの名をアイヒマン実験と呼びます。

「こんな実験聞いたことない!」が私のリアクション。

でも、実験内容は知ってるんじゃない?

 

※簡潔かつ省略して説明します。

 

実験協力者は二人。

一人は電流のショックを与える人(Teacher)、

もう一人はショックを受ける人(Experimenter)。

Teacherから問題が出題され、Experimenterが間違えるとショックを与える。

間違えるごとに、ボルトをあげていくというもの。

ちなみに電流を受けるExperimenterはサクラ。

本当の実験対象者はTeacherだけです。

 

「もうやめてくれ!」

「うぁ!痛い!」

「もう耐えられない!」

「殺す気か!」

 

などの声が聞こえているはずなのに、Teacherの大多数はやめなかった…

そんな実験を行ったイェール大学のスタンレー・ミルグラム教授の映画です。

映画は彼の視点から語られています。

 

エクスペリメンター(Experimenter)2015 fim

 

最近映画の当たりが多く、この作品もかなり良かったです。

この実験はナチスドイツにより殺害された多くのユダヤ人の惨劇、

ホロコーストがなぜ起こったのか、そこから考えられました。

誰しもが、「私だったらやらない」と回答するものの、

大多数の被験者は、電流のボルトを最後まで引き上げました。

 

「なぜ?」

 

1961年に行われた本当の実験。

非倫理的だと罵倒され、未だに物議を醸し出しているミルグラム実験

心理学に興味がある方は必見。

そうじゃない方も見る価値ある作品になっています。

 

私の正直な感想は「私も最後までボルトを引き上げたかも」でした…

 

Do you do it because you want to?

Do you do it because someone tells you to do it?

Do you do it because you have to? Why?

What is your ethical standard?

 

By Bean

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村