まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

コーンチャウダーとビスケット/癌になるということ

珍しくコーンチャウダーを作りました。

美味しかったのか、パートナーががっついていました。笑

珍しいです。余程、おふくろの味系が恋しかったのでしょう...

ずっと私が好きな醤油系の食事ばかり作っていたからね…ごみん。

 

材料はカラフルなジャガイモ、玉ねぎ、冷凍コーン、クリーミーコーン缶、牛乳だけ。

牛乳だけだと味が濃すぎるので、半分は水にしました。

f:id:BEANSTV:20170619102255j:plain

 

野菜を軽く炒めてから鍋でコトコト煮込むだけなので、超簡単。

しかも、かなり安くできるので、お金が無くても贅沢感が味わえます。

 

  • ビスケット

このビスケットはパートナーが作りました。珍しく分量をちゃんと量っていました。笑

いつもオーブンが温まる前に調理し始めたり、計量は目分量だったりしましたが、

今回ばかりは色々と量ってやっていました。出来上がりは…まぁまぁです。笑

私よりウマくビスケットを作るので、文句はこれくらいにしましょう~

f:id:BEANSTV:20170619102259j:plain

 

料理やガーデニングは不思議と心の癒しにも肥やしにもなります。

若いころは「ただの食事じゃん」とか「草...花…ですね」ぐらいにしか思えなかった…

しかし、年齢を重ねるにつれ、日常に小さな幸せを見出せるようになりました。

このブログで何度もこういったことを言ってきましたが、これからも言うでしょう。

 

*************************

 

癌の話。

最近、父の古い友人、同じ村出身の幼馴染の方が癌になったという話を聞きました。

見舞いもかねて、父は埼玉から千葉まで車を飛ばして会いに行ったそうです。

かなり痩せていたそうで、ショックのせいか泣いてしまったそうです。

私は色々な面で父と似てしまいました。なので、なんとなく父の心情が分かります。

父は「明日は我が身と思って…」っとメールに書いていました。

 

私のパートナーの父も癌でした。出会う前、彼がまだ大学生のころに亡くなりました。

なので、パートナーのお父さんとは会うことは出来ませんでした。

喉頭癌だったので、食事や呼吸など日常生活において、苦しい思いをしたそうです。

 

癌について、人それぞれ考え方が違うと思います。

大切な人が癌になった時、また知り合いの人が癌になったと聞かされた時、

誰しもそれなりに悲しい気持ちになるものです。死の宣告に近いわけですから…

 

私の叔母は、脳溢血でぽっくりと逝ってしまいました。

外出して帰宅して、気分が悪いと言って倒れて…そのまま...だったそうです。

しかし、癌になるということは、治療に向けて歩むことも、また進行を遅らせたり、

 

必ずしも死に直結するわけではありません。もちろん進行度にもよるでしょうが…

 

もちろん自分や家族、友人、知人…誰が癌を患ってもショックです。悲しいです。

しかし、癌を幸運な病気と考える人もいると聞きました。

なぜか…?それは、癌になれば死への準備ができるからだそうです。

バカなことを言っていると思われるでしょうが、私もこの考えにある程度賛成です。

自分が死に限りなく近いと分かれば、身の回りの準備ができます。

いきなり死んでしまえば、残された人に多大な迷惑を掛けてしまうからです。

私の叔母の時がそうでした。残された家族は身の回りの整理や、書類手続き等...

とても苦労していました。そうりゃそうです、突然家族が消えたのですから…

 

死にゆく人、死に限りなく近づいている人、治療で苦しんでいる人を知り、

喜べるわけがありません。悲しいです。幸福なわけがありません。

だからこそ、元気なうちに今ある幸せをきちんと噛みしめて生きていくべきだと

自分に言い聞かせたいのです。私は本当に恵まれているのだっと。

 

生きよう。今日もありがとう

Bean

 

ランキングに参加しているので、バナーをクリックして頂けると幸いです。 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

植物の生長記録⑤ バジルすくすく、アボカドにょきにょき

育ってます、我が子。

バジルさん

f:id:BEANSTV:20170616034714j:plain

 

バジルも、ネギも、オクラも、全てプランターに植え替えました。

かなり大きくなっていたので、栄養分が豊富な土に植え替えてあげたのです。

バジルはすくすく育っていますが、オクラは強風で折れてしまいました…

ネギは猫のひげくらいなので、お見せできません。笑

しかし、スーパーで買ったネギの根っこだけを残して、土に植え替えてみました。

写真は載せていませんが、スーパーのネギはすくすくと生長しております。笑

 

さて、これはアボカドさん

f:id:BEANSTV:20170616034722j:plain

 

アボカドの水耕栽培を始めてから、2週間が経過していました。

最初は不安だった水耕栽培も、毎日水を替えてあげたり、肥料をあげたりして、

楽しんでいる間に、あっという間に生長してくれました。すごい生命力です。

ほぼほぼ、ただの水道水だけなのですが、毎日大きくなっています。

今日は久しぶりに肥料をあげたいと思って、水に溶かして使うタイプの肥料を

水に混ぜてあげました。でも、要らなかったかも…って思うほどの生長っぷりです。

 

来週の木曜出発、金曜到着予定の日本への一時帰国が迫っています。

心配なのは、この植物たちです…なんせ、パートナーを信頼できませんからね。笑

まだ夏の暑さになっていないノバスコシア州ですが、火曜はかなり暑かった…

今日はとても涼しく、一枚羽織らないと寒いくらいです。

私が留守の間、アイツはちゃんと水をあげてくれるだろうか…

もしかしたら、アボカドは土に植えてあげなくちゃいけないかも…

さすがに水を一週間も変えないのは、よくないですよね…?う~ん…

土に植えてある植物は、数日水をあげなくても大丈夫な様子ですが、夏の気候になれば

そういうわけにもいかなくなるのではないかと思うわけです。

 

っとまぁ、久しぶりの植物日誌の更新となりましたが、あと一週間でちゃんと

準備を整えていかなくては...!と考え中です。

 

Bean

 

ランキングに参加しているので、バナーをクリックして頂けると幸いです。 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こんにちは赤ちゃん

赤ちゃんと会いました。

赤ちゃんを抱くのは初めてでした。変な感じだったし、面白かった。笑

赤ちゃんって可愛いっていうより、「変な生き物だなぁ」っていうのが本音です。笑

 

ガブリエルを抱っこしている様子(明らかに赤ちゃん慣れしていない。笑)

f:id:BEANSTV:20170613101757j:plain

 

パートナーも混乱しながら抱っこしています。笑

汚い指が触れたらいかんって思って、指が赤ちゃんに触れていない…笑

f:id:BEANSTV:20170613101802j:plain

 

片道4時間かかる距離を一日で行って帰ってきたので、鬼疲れました…

でも、ガブリエルに会えてよかった。青い目の男の子です。ハンサムになれよ。笑

 

色々と騒動があったことをご存知の方はいるでしょうか…?

早い話、会いたくなかったのです、義理の妹に…でも今回は覚悟していきました。

まず最初に謝ること。そして、自分の中で線引きをするということ。

なので、着くやいなや、早々に謝罪しました。でも展開は意外にも簡単に進みました。

 

「謝るなんていいのよ!家族なんだから!私だって〇★×▽◆~…!」

 

って感じで、すぐに和解しました。

和解というより、私の軽鬱問題と健康状態を考慮していたことが先だったり、

一か月早く生まれた赤ちゃんの事でてんやわんやしていたことで、

皆それぞれ色々な理由で考え過ぎずに時が過ぎていったようでした…早い話、

「それどころじゃない」って感じでした。良い意味でね…

 

義理の妹についてですが、私の気持ちや考えは変わりません…。

良い人です。彼女は良い人だけど、やはりどこか「う~ん…」がぬぐい切れない。

訪れている間も、手伝いで来ていたお母さんに食事をすべて作ってもらい、

洗濯や掃除も全部やってもらっていました。お義母さんも私に愚痴る始末...。

 

旦那さんは常に呼び出される状態のドクターのために、家にいる時でも

あまりゆっくりできない様子でしたが、こんな時にも旦那さんに頼っている感じ…

お母さんって仕事は大変だけど、遠いところから自分の母親を呼び出して、家事を

やってもらうって…もっと頑張れるんじゃないの?って思ったりして…

でも、義理の妹はいつもこんな感じだったから、今回の訪問で観た様子は

何一つ意外じゃなかったけどね…「まぁ、こうなるよね」って感じでした。

 

「旦那さんの両親は結構来てるのかな?」って聞いてもみましたよ。

すると、「ビックリするくらい来ないよ~驚いてる。」って言ってました。

旦那さんの家族は、赤ちゃんを見に、一度か二度来たくらいらしいです。

旦那さんの兄弟には既に子供が二人います。10歳くらいと1歳くらいの子供です。

自分の娘が出産したならまだしも、息子の嫁の子供…しかも初孫じゃない…

こうなったら別にそこまで関心ないよね…って考えるよね…。

でも、義理の妹は違います。「こんなに可愛い孫なのに見に来ないの!?」って感じ。

なので、私の常識と、彼女の常識は違います。かなりね。

 

色々と書きましたが、義理の妹は良い人です。ただ、私とは違う人間です。

今回会って、抱っこしてもらったガブリエルはとても赤ちゃんでした。笑

正直、可愛いっていう感じじゃなかった。「赤ちゃんってこんな感じ?」という、

未知との遭遇感が半端じゃなかった...捕まえた虫みたいに手足が動くし。笑

首が座っていなかったので、抱っこするのが怖かったです。

頭を支えてあげないと、すぐに首がでーーーーんっ!ってなっちゃうし。笑

しかも結構重たかったし…まだちゃんと見えていないのか、目が合わなかったなぁ。

 

今回の赤ちゃん抱っこ体験は、とても良い経験でした。

ビックリするくらい「可愛い♥」って思わなかった。笑 結構ブサイ…嘘ですよ。笑

まだ顔は「赤ちゃん」って感じで、まだ男前かどうかも不明でした。

でも、ひとまずミッションを終えた感じです。これで安心して日本に帰れます。

疲れたなぁ。寝よう。

 

Bean

警察来たのに、気分は未解決

最悪の日...

喘息らしき症状が悪化してきたので病院に行った日…お腹も痛いし、腰も痛い…

吸入器をもらったから「もう大丈夫」っと高を括っていたら、また咳…

そう簡単に治るものじゃないと言われ、テンション下がり気味で寝室へ…

 

それは夜の11時頃でした...いつものように下の階から喧嘩する怒鳴り声が…。

今日はいつもより多めの、休憩を挟んだ5ラウンドくらいでしたが、

吸入器をゲットしたせいか、叫ぶ女の声がドナルドダックに聞こえてきて、

少し楽しめるようになっていました...そんな余裕は咳と腰痛、腹痛のおかげでした。

体調が悪すぎて、他の事はどうでもよくなっていたのです。

 

しかし、私の咳は一向に治まる気配もなく、横になっていたベッドから、

また例のソファへと移動してきたのです。隣で寝ている人を起こさないために…

下の住人の喧嘩もリスニングの試験だと思って、何となく聞いていたのですが…

最終ラウンドを迎えていた喧嘩の声がおかしくなり始めたのです…

 

「よし分かった、〇◆×!☆…!」っと女性が何かを決めたかと思うと、

ドタバタとモノを動かしたり、投げたりする音が響いてきたのです。

どうやら男を強制的に出ていかせようとしたようなのです。

 

それに気を良くしたのか、気が狂ったのか、女は歌いながら男をののしったりして、

何かが吹っ切れたかのようにご機嫌になっていたのですが…次の瞬間、

男がブチ切れたようで、いきなり男の怒鳴り声が響いてきたかと思えば、

ものすごい大きな物音が、キッチン付近で聞こえてきました。

しかも、あんなに陽気だった女の声が、泣き声に変わり、妙な不安感に襲われました。

 

「...出っててよ...!早く...!」泣きながら必死に訴える女に罵声を浴びせる男。

私の不安が一気に掻き立てられ、「警察呼ばなきゃ!」っと思いましたが、

ここの時点で、私の階周辺の住人たちは皆聞こえていたはずなのです。

「お願い、誰か警察呼んで!」って心の中で願いつつも、仕事で疲れている

パートナーを起こそうかと迷いました...(お願い、耳栓はずして!)

 

男の罵倒はしばらく続き、女の泣き叫ぶ声もしばらく続き、不安でたまらなくなって

いたのですが、どうやら男は出て行ったらしく、少し静かになりました。

あんなにうざかった女ですが、刺されていたり、殴られていたらどうしようと、

とても不安になりました。こんな心配をしていた時、下の階でドアを叩く音が…

すぐに分かりました。警察でした。

 

色々と気になったので、住んでいる3階の部屋を出て、階段の方に向かいました。

階段からは、駐車場が見下ろせるようになっていたので、警察の車が到着していないか

チェックしに行ってみたのです。...ビンゴ!ありましたよ、パトカー2台...

 

ここから話は省略しますが、恐らくアパートの住人が警察を呼んだんだと思います。

ある程度、警察と話を付けたようで、警察はさっさと去っていきました。

下の階は急に静かになったのですが、また更にドアをノックする音が響いてきました。

どうやら男友達に連絡していたようなのです…少なくとも男3人くらいは来てました。

訪れていた男たちと相変わらずの大声で話している女...どうかしてますよね…

あんだけ大げんかして、DV被害にあってたら普通静かになるでしょ...

 

別に男を弁護するわけじゃないけど、女の言葉の暴力がすごかったんですよ…

あんだけイライラさせられたら、ブチってきれちゃうよね…言葉だって暴力ですよ。

正直、一発くらい殴ってやれば良かったとか思ったけど、実際起こると怖いです。

余談ですが、以前働いていた職場では、前歯おられた女性がいました。

顔面を殴られたようです。DVの経歴がある男と付き合っていたみたいです。

話を聞いた時はショックだったし、酷いって思ったけど、この女も大分問題児だった..

 

 

そんな警察と、男複数の訪問の後しばらくして、震撼する音が聞こえてきました…

 

 

「ベイビー、どこにいるんだよ!?...開けろよ!」

 

彼氏であろう男が戻ってきたのです。嘘でしょ…何しに来たの...?へ?

どうやらドアを開けなかったみたいですが、どうなったかは不明…

凄く怖かったです…あの叫ぶ感じ、あのドアを叩く必死さ…あぁ、出て行って欲しい。

暴力って言い切りましたけど、実際は分かりません。見てないし。

ただ分かっているのは、あんだけ言いたいこと言いまくっていた女の声が、

ある時を境に、怯えた声と泣き声に変わり、必死に「触らないで!」って

訴えていたのです。女は男に完全に怯えていたのでしょうね…

 

私の最悪な一日はまだ幕を下ろしていません…だってまだ今日は寝れてないから。

先月から続くストレスは、今月も順調に延長されています。

もうこのまま底なし沼に落ちてしまうのではないかと思うほどです…

あぁ、こうなったら神さまに頼むしかないなぁ…。

 

神さま、いるなら助けてくだせぇ

Bean

 

 

もうむしろ喘息って言ってくれ…

病院に行ってきましたよ、ついに。

結論から言います、風邪をこじらせたようです。

しかし、なぜかこんなお薬を処方されました。

f:id:BEANSTV:20170609000714j:plain

 

InhalerもしくはPufferと言われる、吸入器です。

通常であれば、喘息の人が使用するやつですよね?はい、それを処方されました。

中を開けるとこんな感じです。

f:id:BEANSTV:20170609000723j:plain

 

このお医者さんに会うのは今月で二回目です。

最初は百日咳、Whooping Coughのワクチンのために行ったのですが、

その翌日には異常な体調不良になり、最終的にはゼーハー、ゼーハー状態に。

お医者様曰く、「喉は炎症していないけど、肺の方に雑音が聞こえるね」だそうで、

恐らく風邪をこじらせた結果、気管を炎症させ、肺にまで負荷をかけたのかと…

 

この年になって思うことがあるのです…「私は喘息なんじゃないのかしら?」っと。

日本に帰る度に風邪をひきます。そして、いつも酷い咳に苦しむのです。

「風邪はもう治った気がするのになんで咳は止まらないんだろう…」って

いつも感じていました。恐らく喘息か、肺に異常があるのでしょうね。

 

先ほど、家に戻り早々に吸入器を使いました。

...楽になりましたよ。笑 これって、吸入器が効果的ってことでしょう…?

もう一層の事、「喘息決定です」って言ってくれ...気が楽になるから!

 

Bean

 

ランキングに参加しているので、バナーをクリックして頂けると幸いです。 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ゆっくりと寝たい、願いはそれだけ

ゆっくり寝れたい。眠れるって幸せな事ですね。

今はゆっくりと眠ることだけを願っています…それはだけなんです。

下の住人と咳喘息が原因で眠れない日々が続いています。

 

まずは下の住人のことから話しましょう。

今、本当に今、このブログを書いている最中に下の階で言い争いをしています。

男の人の声はわずかにしか聞こえないけど、女の人の声は通ります。

会話の内容は全て男女のくだらない喧嘩です。女の声しか聞こえてきませんが…

「浮気してないのにしたとか責めるじゃん!」とか

「嘘ばっかり言ってる」とか「嫌なら出てけ!」とか...

全てF**k交じりの言葉で会話が行われています...本当にくだらない会話です…

 

それを夜中の11時頃から開始するわけですから、近所の住人はたまったもんじゃない。

...今、気のせいか誰かが下の階のドアをノックしていたような…

やめてほしいって言いに来たのでしょうかね…これだと警察沙汰になりそうです...

 

外野の私にしてみれば、こんなにどうでもいい事で周りに迷惑を掛けないで欲しい…

そう心から願うばかりです。恋愛のもつれがあるのであれ、静かに解決して下さい…

 

さて、私の咳の話。

金曜の夜から続いている謎の咳ですが、現段階では悪化しています。

のどの痛みから始まったのですが、今は昼間でも咳が止まらない状態になりました。

咳は新しい咳を呼ぶ...掻くともっと痒くなる...みたいなもんで、なるべく

咳を抑えようと必死に我慢していますが、かなりツライです。

 

咳は全て乾いた咳で、痰もほぼほぼ出ません。

喉がカラカラに乾いたような感じが取れず、常に埃っぽい場所にいるみたいです。

これが悪化すれば、喘息の人が使う吸入器を使うことになってしまいます…

過去の過ちを繰り返さないように、咳はなるべく抑えて、そして声も出しません。

このせいで、日中は独り言さえもなくなりました。色々と辛いものです。

 

元気な時は「面倒くさい」っと愚痴っていたヨガの練習さえも、出来ません。

元気な時に、元気なことをありがたく思えないって、哀れなのだと気が付きました。

 

何をすれば元気になるのか、喉の調子が良くなるのか、未だに分かりません。

昼間は咳止めのシロップを飲み、のど飴を大量摂取して、安静にしているだけです。

夜になれば、首を冷やさないようにタオルを巻いたり、マスクで喉を湿らせたりして、

なるべく喉の乾燥感に気が向かないようにしています。

 

今日は、お湯で溶かして飲むタイプの風邪薬と、睡眠薬に頼りました。

今晩こそは咳よりも眠気が勝ってくれることを願っています。

そして、お願いだから静かにしてくれ、下の住人…あんたの子供も可哀相だよ。

 

早く治れ~、わしの喉!

Bean

 

ランキングに参加しているので、バナーをクリックして頂けると幸いです。 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大人でもなるの。これは咳喘息...?

恐らく、咳喘息なりかけです。

先週の金曜の夜から、今週の月曜の夜まで続いている咳と呼吸不全...

症状は乾いた咳が突発的に出てしまい、酷い時は嗚咽までしていました。

喉の違和感を解消するための咳ではなく、気管が狭くなって出てしまう咳…

 

昨日の夜はベットではなく、今のソファで寝ました。

横になると咳が止まらなくなりますし、隣で寝ているパートナーを毎回起こしてしまう

ので、色々と楽に感じられるソファで一晩を過ごしました。

 

パートナーは寝室のドアを開けっぱなしにしていたので、私の咳が丸聞こえだった

ようで、気になって眠れなかったみたいです。今夜は早めに就寝していました。

あまりのも苦しそうにしている私を見て、「救急病院いく?」とまで言っていたの

ですが、私にしてみれば「日本に一時帰国するといつもこうだから、大丈夫」っと

一応安心させて、またベッドに向かわせました。…呼吸は苦しかったけどね。

 

今は?

少しだけ痰が絡む咳が出てきました。回復傾向にある証拠です。

でもそう簡単に咳は止まってくれないでしょう。横になっていなくても咳が出ます。

喘息とは無縁だったと思っていたし、私の親は、こんな状態の私を見てもなお、

「子供の時は。喘息なんて言われたことなかったのになぁ。」っと私の喘息気味の

症状を信じてさえいません。親の無知、過信は、子供にとって辛いです。

大人になってからこういう症状を患う可能性だってあるし、気管が弱いからこそ

咳が出てしまうという事実を無視することは出来ません。

今思えば、自分の喉の弱さを実感することは何度もあったなぁ~...

 

皆さんも気を付けてくださいね。

Bean

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村