読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめのつぶやき

カナダと日本をつなぐ小さな懸け橋ブログ

元気になるために

温かいコメントを下さった方、本当にありがとうございました。

あんなに毎週ネタ探しで心を踊らしていたラジオ放送もバッくれるくらい、

衰弱してしまっていました。今でもまだ全回復とは言えません…

 

一昨日は本当に酷い状態で、ベッドで一日中横になっていました。

車酔いのようなめまいと、頭痛、動機、突然来る押し寄せるような感情の波、

気怠過ぎる体、食欲不振、異様な眠気…完全なる鬱の初期症状でした。

今はかなり回復していますが、ストレスショックから体が立ち直っていません。

 

気晴らしにやったゲームをしていて、ちょっと緊張した場面になっただけで、

違和感のある動機が発生し、「なんだこれ…」という状態になりました。

気晴らしに出かけた先でも、車酔いのようなめまいが始まり、妙な息苦しさを覚え、

とっさに車の窓を開けていました。軽いパニック障害です。

 

もうここまで来てしまえば、パートナーも、「ドクターに会おう。」っと

言わざるを得ない状況になっていました。プロの助けが必要だと思ったのでしょう。

 

病院の予約を取ろうと、電話を掛けてくれたようですが、本人ではないとダメと

言われたので、後で私がかけることにしました。パートナーは隣にいました。

しかし、手続きはとても複雑で、まずファミリードクターがいないといけないっと

言われました。移住してからファミリードクターを得ることをしなかった

私たち二人の怠惰なところが、ここで問題となりました。

ファミリードクター制度を導入しているカナダでは、かかりつけのお医者さんを

通して色々な手順を組まれることが多いのです。面倒ですよ…

予防接種もファミリードクターからの推薦状が無いと出来ないのです。面倒…

 

ということで、精神科の医者を見つけて診断してもらおう…そう考えていたのですが、

正直いつになるか分かりません。医師不足ノバスコシアではありうることです。

ついさっき、ファミリードクターの申請をしましたが…

 

ネガティブな話ばかりが続いていますが、私はどうにかやれています。

体調も落ち着いてきているので、明日はヨガに行くつもりです。

 

結局、義理の妹からメールが来ました。本文は載せられないけど、彼女なりの主張と、

彼女なりの思いやりが綴られていました。感謝でいっぱいです。ありがたいです。

しかし、あくまでも「メールじゃ分からないからきちんと話し合いたい。」や、

「子供が可愛い時に見てほしい」、「ストレスやホルモンで心が落ち着かなかった」

っと書かれていたことに、私の心は穏やかにはなれませんでした。

説明不足なことはいけなかったと思う…でも今の私では、とても言葉では伝えられない

から、どうにかそっとしておいて欲しいっという希望はくみ取られませんでした。

でも仕方ありませんね…そりゃそうでしょうよ…

でもだから私はあなたと距離を置きたいと心底思っているのですよ…。

複雑な思いを出来る限り伝えるために、返信しようと思いましたが、やめました。

また問題を起こしたくなかったからです。兄である私のパートナーに任せました…

 

この一件で義理の母に迷惑を掛けたことも想定済みでした。

先日、私が外出している時に電話が掛かってきたそうです。

でも分かっていました、義理の母は私を咎めようとはしません…そういう方です。

後で聞いた話ですが、義理の母も精神疾患を患い、薬に頼っていた時があったそう。

私を責めることなく、自分の経験を語り、この一件で娘である義理の妹から色々と

聞かされているようで、ストレスが溜まっているっと…。想定済みでした。

だからずっと黙っていました。義理の母やパートナーが好きだから…耐えました。

でも、ダメでした。そして迷惑を掛けてしまいました。想定済みでした。

私を咎めることなく、「皆、仲良くして欲しい…」と言っていたそうです。

申し訳ない気持ちと、ありがたい気持ちで涙があふれていました。

 

あれから、義理の母からメールがありました。この一件以来の初めてのメールです。

「最近、二人(私とパートナーが使っている実家の部屋)の寝室で寝てるんだけど、

 ブラインドだと朝眩しいなぁ。部屋の模様替えをしようと思うんだけど、何か

 良い案ある?壁は何色にしたい?カーテンならあるんだけど…」

っと、いつも通りの何気ない日常の会話でした。彼女らしい気遣いでした…。

普通や当たり前、そっとしておいて欲しいといった思いは彼女には伝わっていました。

母というのは偉大で、恐ろしいものです。全てお見通しなのです…。

パートナーを生んでくれた女性を心から尊敬し、こんな私を受け入れてくれている

人に出会えたことを心から感謝し、元気にならなくては…っと思いました。

 

皆さん、私は元気になります。

いつもいつもありがとうございます。

Bean 

 

反省と謝罪と決別

毎日書くことが大事だと言っていたのに、もうお休みしてます。

週末には更新しようと思っていたブログも、例のストレスでやる気が出ませんでした。

正直、今も書くべきか悩みながら指を動かしています。

 

「義理の妹」問題です。

 

気持ちの良い3連休を終えようとしていた日、近くの公園に行ってきました。

最初は天気も気分も上々だったのですが、歩いている途中でパートナーが妹について

話を切り出したのです。考えていたのをようやく口に出したのでしょう。

 

「いつかは赤ちゃんを見に行かなくちゃいけないんだけど、いつがいいかな。」

 

気を使いつつも、言わなくちゃいけないことを言っただけだと思います。

正直、私はいつでも行ける状態なので、兄であるパートナーに任せていました。

しかし、家族である私たちは直後に行くべきだと思っていたのにもかかわらず、

パートナーは行く気も無く、時期が過ぎ、赤ちゃんアップデートでストレスだけが

たまっていく私が日々を過ごしていました。

 

ストレスが爆発し、義理の妹に本音を言ってしまった私にも、相手にも

辛すぎる訪問となることは確定してしまいました。

今思えば、さっさと行っていればここまで問題は大きくなりませんでした。

 

「私はいつでも行けるから、それはそっちが決めてって話したでしょ。

 正直私はもっと早く赤ちゃんを見に行くと思ってた。でも、相手も大変だろうし

 よく分からない。それに、私は落ち着いたら相手が赤ちゃんを見せに来るのが

 普通というか、常識だと思ってた。」

 

皆にとっては何が当たり前なのか分かりません。

でも家族です、たとえ5時間のドライブがあったとしても…行かなくて…。

来なかったら来ないで、「大事に思われてない」と愚痴られ、呆れられるのは

目に見えていました。だから早めに行きたかったのです。

 

あれから義理の妹は私に何も言ってきません。義理の母も何も言いません。

パートナーと冷静に話し合った結果、私は謝罪するべきという結論に至りました。

会ったときに、直接謝るつもりです。

私もパートナーも、私の言ったことは筋が通っていると思っていますが…

 

「ビーンの言っていることは筋が通っているし、本音を言っただけだよ。その時の

 精一杯を伝えただけだよね。ただ、タイミングが悪すぎたと思う。

 まだセンシティブな状態の彼女にこの本音は少しきつすぎたんだと思う。」

そうパートナーが言いました。

 

後で考えてみれば、確かにそうです。私はこのことを謝るべきです。

メールをしようかと提案しました。謝罪のメールです。…でもやめました。

何か行動を起こそうと、改善しようと足掻けば足掻くほど、事態は悪化します…

なので判断はパートナーに任せました。

 

パートナーは珍しく積極的に行動してくれています。この人、変わりました。

義理の妹の旦那さんにメールをしてくれているそうです。

 

散歩の終わりごろに伝えました、はっきりとした本音を。

「私が悪かったことは認めるし、会ったら直接謝るよ。あなたがそうするべきと思う

 のであれば尚更そうする。確かに言うタイミングが悪かったね。ただ、私のこの思い

 は、急に出来てきて相手に投げつけたわけじゃない。ずっとあったの、ずっと。

 それを分かってもらえない、伝わらないことが辛かった。これからも伝えるように

 努力をしなくてはいけないけど、一生言いたくないこともあるし、相手のペースに

 合わせて自分の行動を変えるのはフェアじゃない。彼女は言われなきゃ分からない人

 だと知っているけど、私には言いたくないことだってある。今だから言うけど、

 私はこれまでも、これからも彼女を好きになることは無いよ。あなたのお母さんの

 パートナーの一件にしろ、結婚式のことにしろ、普段の表裏のある行動にしろ、

 常に注目されていたいという態度にしろ、いくら無邪気だからって、

 私には受けれられないことがある。謝罪はするけど、彼女を好きになったり、

 認めることはこれからも、これまでも無いよ。」

 

そして、パートナーは言いました。

「好きになる必要はない。分かってる彼女は常に注目されてたいんだよ…」

※She wants to get attention from people all the time.)

 

会話はこんな感じでした。割と冷静にね…。引いた人いるだろうね、私の言葉で…

でも、私の結論はこうなりました。拒絶です。ひどいでしょ…そうですよね。

こういう寛容の無い自分に対する嫌気と、ガキのような態度を取る彼女に対する拒絶の

バランスをとることが出来ずに落ち込んでいるのです。

「好きになってあげよう、悪い人じゃない、私が何も言わなければ済むことだ…」

こんな気持ちに限界が来たのです。ただ本音を言っただけでした。

 

いつもそうです、本音を言えば周りの人に拒絶されます。

私の言葉には、それ程の棘もパワーもあると、いつも感じています。

言い方、表現、タイミング、変えれば良いだけの事でしょうが、未だに難しいのです。

 

今回の一件も、「(私は)酷い(女だ)」って言われていることでしょう。

反省している点も多いこの一件、まだまだ冷戦は続きそうです。

 

Bean

植物の生長記録② / 記念日は明日

大分大きくなってきました。

植物の成長力には驚かされます。

今回は動画としてガーデニングの様子を撮影しました。

www.youtube.com

 

小さな鉢に植え替えたりしたのですが、不安はぬぐい切れません。

鉢の底に穴が開いていないし、素焼きの鉢は水分をガンガンすってしまいます。

正しいかどうか分からないけど、受け皿に水入れて置いています。

こうすることで、小さな鉢が常に湿っている状態にあるからです。

最初は水はけ問題に遭遇すると思ったけど、それより心配は水分不足かも…

 

  • 後悔?

ちょっと、失敗したかもっと思うのは、乾燥土に使われていたガーゼです。

ガーゼを取らずに鉢に植えてしまいました…ちょっとやらかした感あります。笑

なのでこれからガーゼを取り払って、直接土に植えようと思います。

まだ間に合うということを願って午後のガーデニングに取り掛かろう…

 

*************************

 

5月20日は交際記念日です。

パートナーと知り合ったのは私が17歳の時でしょうか…覚えてないなぁ…

友達という期間もあったし、別れたこともあったから、厳密な数字は分かりません。

でも、唯一やっと覚えられたのは交際記念日です。笑

自分のiPadのロック解除番号にしてからは、指が覚えてくれるようになりました。笑

それまでは…25日か20日か…いつもぎりぎりの勝負でした。

 

ということで、毎年「今年はどうする?」の会話から、「お前が決めろ」になり、

「去年決めたから今年はそっち」っとお互いの主張が真っ向からぶつかります。

他人様にとっても鬼どうでもいいことなのですが、我が家ではプチ小競合いです。

 

しかし珍しいことに、今年はプチ小競合いの後、さっさとパートナーが提案。

「寿司行って、バーに行こう」だって。やれば出来るじゃんよ!

毎年私が「レストランで食事できればいい」と言っていたのですが、

今年も同じようなプランになりそうです。

 

じゃあ、明日行ってきます。

Bean

 

ランキングに参加しているので、バナーをクリックして頂けると幸いです。 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

植物の生長記録①

明るいことを書こう。笑

ということで私の可愛い野菜ちゃんたちです。

f:id:BEANSTV:20170516042741j:plain

 

手前からオクラ、バジル、ネギなのですが、発芽している子もいれば、

そうじゃない子もいます。発芽してくれたことにまず感謝です。

種からはやはり当たり外れがあって、難しいですねぇ。

オクラに関しては、芽が少しだけ黄色くなっているのが気になっているのです…

病気かな?水あげすぎたかな?気になっています。(調べろよ)

 

私「種からって難しいですよね。発芽する子もいればそうじゃない子もいるし。」

師匠「そういうもんだよ」

 

悟り感半端ない師匠から学ぶことは多いわけです。

問題は、発芽するまでもう少し待つべきか、それとも新しい種を導入するべきか…

肥料は自分で作るべきか、それともオーガニックと書かれた化学肥料を

使用して良いものか…師匠は化学肥料が嫌いらしいので、少し黙っておきます。笑

 

そして今後の課題なんですが、下の写真にあるミニ鉢に移動しようかどうか…

f:id:BEANSTV:20170516044801j:plain

 

かなり前に、違う植物が入っていたのですが、すぐに枯れてしまいました。苦笑

残骸となった鉢はとっておいたのを、今日、思い出しました。

一生懸命洗ったのですが、こび着いた泥は取れないし、変な臭いもしています…

臭いの原因がカビなのか、変な化学物質の臭いなのか分かりません…

よく見たら、底に水はけ用の穴も開いてない…おいおい…大丈夫かなぁ…

 

これから何日か放置して、臭いが消えたと思ったら、実験として一つ何個か移動

してみたいと思います。鉢に入っているほうが可愛いし。

ということで、ほっこりな話題にしてみました。笑

 

Bean

 

ランキングに参加しているので、バナーをクリックして頂けると幸いです。 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

女のストレス

暗い話になります。ご了承ください。

 

先週から過度のストレスにより、軽い鬱症状を経験していました。

今日は大分回復している気分なので、ブログに綴ろうと思います。

ストレスの発端は、やはり義理の妹でした。

赤ちゃん出産後も、生まれたての息子の写真やら動画が、連日送られてきました。

それはそれは可愛い赤ちゃんです。初出産ということもあり、当然です。

 

しかし、ここで告白しますが、私は妊娠に対する過度な不安を抱えています。

精神的不安定な部分が100%で、身体的な問題に関することはまだ分かっていません。

早い話、「将来子供ができないかも」という漠然とした不安があるのです。

 

この悩みは数年前から始まり、現在は子供が授かればいいなぁという状態です。

「子供を作ろう」っと、パートナーが決心したのは去年の事です。

しかし、そう簡単に子供が出来るわけもなく、不安ばかりが募っていきました。

その矢先、妹夫婦からのサプライズ妊娠ニュースが飛び出しました。

彼らの結婚式から4か月後の事です。ちなみに義理の妹は初妊娠で流産しています。

初妊娠、初流産はかなりの高確率であるらしく、珍しいことではないそうです。

 

この発表を機に、私の不安や重圧は一層大きくなりました。

義理の妹の妊娠はとてもおめでたい事でしたが、妊娠の告知を受けた時に、

私の妊娠に対する「不安」も少しだけ話すことにしました…

すると、今年31歳になる私にはまだまだ可能性はあるし、治療や検査もまだ大丈夫。

そう言われました。35歳になってもダメなら病院へと言われました。

この言葉で少し不安は解消されましたが妹には私の気持ちが伝わらなかったようです。

 

話は少しそれますが、この妊娠ニュースをFacebookでも投稿したらしいのですが、

「先に皆に発表した」ということで、気分を悪くした人がいたそうです。

「誰が先に言おうといいじゃない!」っと怒っていた妹夫婦でしたが、

外野の私には、「きっと発表が原因じゃないよ…」っとすぐに思いました。

恐らく私のように、何らかの不安を抱えている人たちの心をくみ取らなかったことで、

文句を言われたんだと思います…

 

あれから半年以上にわたり、妊娠記録を毎週メールで送ってきた妹。

一度も返信しなかったのに、胎児の成長記録は毎週届きました。

「他の人にも送りたいけど、迷惑になるから」と言っていた彼女は、家族である

実の母親と兄であるパートナー、そして私に胎児の成長記録メールをしてきました。

私にとっては不安を掻き立てる迷惑な行為でしかなかったのです。

 

しかし、初出産ということで幸せに包まれている彼女に「やめてほしい」と

言えずに、本音は心に閉まって、出産するまでの半年以上耐えました。

私が勝手に抱えたストレスですし、彼女が知る必要もないと思ったし、

誰にも言いたくなかった不安だし、きっと分かってもらえないと思ったのです…。

 

だって、どう言っても角が立つことになりますよね…

「子供の記録はもう送らなくていいよ」って書けば、「へ?こんなに可愛いのに?」

ってなるでしょう…だからずっと言わなかったんです。

上手い言い方一つ、思いつかなかったし、私一人が耐えればいい話でしたから…

 

しかし、その限界を感じたのがおよそ一週間前のこと。

一週間に一度のペースが、連日になり、写真やら動画まで送られてきました。

「いびきをかいてる!」とか「はじめてのオムツ」とかです…

これを見て喜ぶのは実の親くらいですよね…考えればわかると思うんですが、

義理の妹はその辺のことを全く理解できない人です。

「家族以外の人にやったら迷惑になる」って分かってて、家族である私たちには

何も考えずに面倒な事、迷惑な事をしてくるのです…

 

気が付けば、過度のストレスで動機やめまい、過呼吸にまでなっていました。

私のストレス値も限界を達し、本人に「写真や動画を送らないで欲しい」と、

やめてもらうように、伝えようと思い、メールをしました。

 

 

「今度会ったときに、赤ちゃんの成長を直接見たいから、もうメールは大丈夫だよ~」

 

 

っとやんわり伝えたのです。

「車で4時間以上かかるから大変だけど、見に来て欲しい」と書かれていた後に、

 

 

「私が成長記録として覚えておけるから、アップデートはまた送るかも~♡」

 

 

っと、やめる様子は全くなかったのです。

私が悪かったのでしょうか…頭の中では「ははは~ごめんね~迷惑だった。笑」

くらいの返信を予想していました。私がバカだったんですね…。

この一件で、ストレスが爆発し、軽いパニック障害に陥りました。

パートナーと話し、少し落ち着きを取り戻しましたし、実の兄であるパートナーが、

「迷惑メールに入れておいてもいいし、受信拒否っていう手もあるよ」っと、

もうすでに私が考えていたことを提案してきました…笑

でも、そういうことをするのが好きじゃないし、フェアじゃないので、

その案はやめた方がいいっと、私から断りました。

最終手段として、「俺からやめるように言おうか?」とまで言ってくれたのですが、

なぜか「ううん、大丈夫。落ち着いたから。」っと言ってしまいました。

その時は本当に落ち着いたのです。ただの考え過ぎだったと…

 

しかし、翌日のアップデートでまた同じパニック障害に陥ってしまったのです。

そしてその勢いで、メールをしてしまいました…

 

 

「もう、アップデートは要らないから」っと。

 

 

短い文章と説明無しで。

それに気を悪くしたのか、早々に返信がありました。

 

 

「よく意味が分からないから、今度会ったときに直接話して」…っと。

 

 

それから長々とメールを綴りました、震えた手と動機が収まらない状態で。

妊娠に対して不安を抱えているということを真面目に書きました。

実際に書いた内容の要約です。

 

ちゃんと説明もせずに乱暴に返信してごめんなさい。それは謝罪します。

不安とストレスについて吐露したけど、あまり理解してもらえなかった。

幸せで包まれている貴女を傷つけないためにずっと黙っていた。

言っても「分からない」あなたが時々いる。

赤ちゃんについても、無事に出産できたことについても、

私が叔母になるということについても、単純に嬉しいのは本当。

しかし、貴女の幸せは、ズタボロになった私の心には酷でしかないということ…

 

だから、お願いだから少し私をそっとしておいて下さい。

 

丁寧に書きました。本当だったらもっと雑に、荒く言えました…

しかし、私なりに頑張って英語で綴ったのです。これが私の限界でした。

それから2時間後くらいに返信がありました。

 

 

「すぐにちゃんと返信したかったけど、疲れているから寝るわ。また連絡する。」

 

 

っと端的に書かれていました。

あれから数日経過しましたが、返信は来ません。恐らく二度とこないでしょう。

自分が正しいとは思っていません。彼女が間違っていたとも思っていません。

むしろきちんと彼女に伝えられていたら、ここまで私も衰弱することなかったし…

 

でも、最近とても疲れています、この「言わなきゃ分からない」文化に。

私のパートナーも少しそうですが、義理の妹はかなり無神経です。

言われるまで、人がどう思っているのか、感じているのか、理解できないのです。

欧米の人は言葉に発し、伝えることが当たり前です。

日本人ほど、「察する」とか「空気を読む」を考えていません。

考える必要もないし、それは文化のありかたとして理解しなくてはいけません。

しかし、あまりにも酷い時、また内と外とでギャップがあり過ぎる時…

どうしてもそれが私のストレスへとつながってしまいます。

 

 

一生口にしたくない、弱みや不安くらい…あります。

 

 

今回の内容は、長いし、愚痴だし、本当に書くかどうか迷いました。

しかし、ブログを通し、私の声が一人の人にでも届いていたら…っと思い、

書き綴り、空気を読まずに…投稿しました。正解だったかは分かりません。

深刻な病気を患われていたり、最愛の人を亡くしていたり、世の中には私の苦労とは

比較にならない程の不安や絶望を感じている方々がいると分かっているのにも

関わらず、こんな内容を投稿していることに恥さえ感じています。すいません…

また子供がいることが幸せとは限らないと、言葉では分かっているつもりです。

もしこの文で不快な思い、また誤解を与えるようなことがありましたら、

是非コメントとして残して下さい。今後の反省点として参考にさせていただきます。

 

最後までお付き合い頂き誠にありがとうございました。

Bean

家庭菜園師匠

5月はスーパーの家庭菜園コーナーが気になり始める季節。

まだまだ肌寒いカナダですが、室内で野菜の苗を育て始めるには良い季節です。

この時期になると、一階に住む師匠が忙しくなります。家庭菜園師匠です。

 

出会いは去年の夏。美味しそうに、しかもとても上手に野菜を育てている爺を発見。

「育ててる野菜くれんかのう」っと毎年思っていたのですが、さすがに

そこまで図々しくできなかったのですが、幸運は向こうからやってきた

 

 

「ちょっとすいません、野菜があるんだけど要ります?」っと話しかけられたのです。

 

 

野菜の値段が高騰していた時期に無料で野菜をくれる爺…いや、仙人が現れたのです。

それ以来、この仙人が育てている野菜についてインタビューをしまくった私。

それに気をよくしたこの仙人は、色々と野菜の育て方について教えてくれました。

そしてレクチャーの最後には無料の野菜が…最高のセッションではないか。

 

あれから一年。ほぼ顔を見ることなく冬が終わり、春さえも終盤を迎えているころ、

野菜仙人が忙しくしていたので話しかけることにしたのです。

定年退職されているお歳だし、独り暮らしということで、単純に気になっていました。

すると、仙人が室内菜園を見せたいと言い出し、水のやり方や光の管理など、

色々と話してくれたのです。

 

仙人の凄いところは、何も特別なものを使っていないということです。

土も、水のやり方も、道具も用具も、$1ストアで売っているようなものばかり。

決してお金持ちとは言えない、定年退職されたばかりの男性です。

2階に住む超ナルシスト男も野菜や植物に興味があって、よく私の仙人に

話しかけているのを目撃しました。このナルシスト、「俺はオーガニック派だから」

っと私の仙人に語っているではないか!心の中で「黙れ」っと言った私。

 

仙人は…いや師匠は、オーガニックとかGMOとか興味無いんだよ!

…多分気に掛けるほど経済的に余裕もないんだと思うんですよね…

そういう所をきちんと分かってやれよナルシスト!って腹が立った。

まだナルシが話してたけど、師匠は話の途中でどっか行っちゃったし…

そんなことより師匠は野菜を育てるという愛で溢れてるんだよ。

 

何はともあれ、師匠に感化され、今年は野菜を育てることに!

 

バジル、小ネギ、オクラが今年の目標。

f:id:BEANSTV:20170511035827j:plain

 

最初は、近くの$1ストアで買った乾燥土を使うことに。

f:id:BEANSTV:20170511035832j:plain

 

種から芽が出て、大きくなり始めたら、こちらのトレイに移動するつもり。

f:id:BEANSTV:20170511035830j:plain

 

毎年一人じゃ食べきれない量の野菜を作ってしまう仙人、いや師匠。

師匠は私に野菜を育てる術を教えるのが楽しいらしく、快く色々教えてくれます。

野菜も植物もすぐに枯らしてしまう私ですが、今年は頑張りたい。

 

師匠は言います、「家庭菜園…これは愛だよ」っと。

Bean

 

実際に買ったものを動画で紹介しています。

www.youtube.com

 

ランキングに参加しているので、バナーをクリックして頂けると幸いです。 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

義理の妹について④

無事、出産!

先ほど連絡がありましたよ。しわくちゃの男の子です。笑

名前はガブリエルだそうです。日本人としては発音しにくい名前ですが…

何はともあれ、良かった。しわくちゃのお猿さんみたいだったガブちゃん…

もう略して呼んでますよ、あなたの叔母さんは。笑 日本語おしえちゃるわ。笑

去年と今年を含め、私の親戚はベビーラッシュでした。

「また?」って感じだけど、子供が生まれるって自然と嬉しいことです。

ということで、「義理の妹について」シリーズはここで終わりとします。

 

これでは叔母さんデビューが正式に。

Bean

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村